【道後温泉】

平成10年10月入湯

道後温泉本館

てるの勝手に五つ☆
周囲の景観 ☆☆☆
お湯の楽しさ ☆☆☆☆
お薦め度 ☆☆☆☆

 3000年の昔から湧き出していると言われる道後温泉は日本最古の温泉とも言われています。道後温泉本館は明治27年に建築をされ、その風格ある建物は平成6年に重要文化財に指定をされているそうで、日本の温泉建築を代表する建物として現在も訪れる人達の目を楽しませてくれます。また、道後温泉は市街地にありながら、しっかりと温泉街の雰囲気も楽しませてくれます。
 
 入浴は本館に「霊の湯(たまのゆ)」と「神の湯(かみのゆ)」、本館前の商店街を50mほど行くと「椿の湯」がありますが、一般的によく利用をされるのは「神の湯」のようです。「神の湯」2階の休憩室で浴衣に着替えてくつろぐと、昔ながらの温泉情緒をしっかりと味わえます。また、道後温泉本館は夏目漱石の小説「坊ちゃん」でもしられ、館内には「坊ちゃんの間」というのがあり無料で見学できます。その他、昭和25年に昭和天皇がご入浴をされたと言われる皇族専用浴室「又神殿(ゆうしんでん)」の見学(有料/大人210円、子供100円)などもできます。

<データ>
●泉質・泉温/アルカリ性単純泉・43℃
●効能/リウマチ、神経痛など

「霊の湯(三階個室)」
●入浴と休憩料/大人1240円、子供620円(入浴時間を含めて1時間20分)
 貸タオル、浴衣、お茶、お菓子付き(坊ちゃん団子)
●時間/6時30分〜22時(20時40分で札止め)

「霊の湯(二階席)」
●入浴と休憩料/大人980円、子供490円(入浴時間を含めて1時間)
 貸タオル、浴衣、お茶、お菓子付き
●時間/6時30分〜22時(21時で札止め)

「神の湯(二階席)」
●入浴と休憩料/大人620円、子供310円(入浴時間を含めて1時間)
 浴衣、お茶、お菓子付き(貸タオルは有料50円)
●時間/6時30分〜22時(21時で札止め)

「神の湯(入浴のみ)」
●入浴料/大人300円、子供120円
●時間/6時30分〜23時(22時で札止め)

「椿の湯」
●入浴料/大人300円、子供120円
●時間/7時〜23時(22時30分で札止め)

道後温泉本館入り口

夜の道後温泉本館

2階休憩室

椿の湯


道後温泉駅

駅前の「からくり時計」


温泉館目次へ   トップページへ
温泉館目次へ  トップページへ