【長門・湯本温泉】

平成10年6月入湯

公衆浴場【恩湯】

てるの勝手に五つ☆
周囲の景観 ☆☆☆☆
お湯の楽しさ ☆☆☆☆
お薦め度 ☆☆☆☆

公衆浴場【礼湯】

てるの勝手に五つ☆
周囲の景観 ☆☆☆☆
お湯の楽しさ ☆☆☆
お薦め度 ☆☆☆
公衆浴場【恩湯】外観 公衆浴場【礼湯】外観
石州瓦の建物は、湯本でもひときわ目を引く。源泉をそのまま使っているので、泉質は湯本温泉の中で一番良いそうだ。温度が少し温めなので、かなり長風呂ができるが、土日、祝日など周辺ホテルの宿泊客が沢山入湯にくるようなので、入湯時間には気をつけたほうがいいだろう。

<データ>
●泉質・泉温/アルカリ性単純泉・40℃
●効能/胃腸病、皮膚病、神経痛等
●入浴料金/140円
●営業時間/6時〜23時
●定休日/第1火曜日
●п^0837−25−409
写真左に見えるのが「礼湯」の施設。「恩湯」の左の坂道を少し上がったところにある。飾り気のない建物だが、お湯の温度を程良く調整してある。地元の人の利用が多いようだ。

<データ>
●泉質・泉温/アルカリ単純泉・沸かし湯
●効能/胃腸病、皮膚病、神経痛など
●入浴料金/140円
●営業時間/9時〜21時
●定休日/第3火曜日
●п^なし

     湯本温泉風景・音信川

湯本温泉風景・音信川
湯本温泉の中心を流れる「音信川(おとずれがわ)」。川には色鮮やかな鯉が泳ぎ、初夏には源氏蛍が見られる。


温泉館目次へ    トップページへ
温泉館目次へ  トップページへ