【十和温泉】

平成10年10月入湯
てるの勝手に五つ☆
周囲の景観 ☆☆☆?
お湯の楽しさ ☆☆☆
お薦め度 ☆☆☆?


入り口

脱衣所

入り口 脱衣所

内湯

・・・・・・・・

内湯

空 白

 十和村のR381号線沿いにたつ湯宿。すぐ横を予土線が走り、宿の裏には四万十川が流れている。
 窪川町から江川崎・広見町へと四万十川沿いを走るR381は、途中若干の険しい道はあるものの絶好のドライブコース。その途中にこのような立ち寄り湯があるのは嬉しいものだ。お湯は無色透明で、ほんの少しヌメリがあり、微量だが泡のようなものが湯船の表面にプツプツとはじけている。入湯後はドライブの疲れがかなりとれたような気がした。飲泉もできる。
 露天風呂もあり、宿からの眺めも良さそうなのだが、この日は生憎と小雨の中を日が暮れて立ち寄ったので、ほとんど楽しむことができませんでした。

<データ>
●泉質/ナトリウム−塩化水素塩冷鉱泉
●効能/神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病、冷え性ほか
●飲泉の効能/慢性消化奇病、慢性便秘
●入浴料/大人800円、子供400円(小学生まで)
●時間/12時〜20時まで
●定休日/無休
●宿泊/10,000円(1泊2食・入浴料含む)
●住所/高知県幡多郡十和村川口392−1
●п^08802−8−4811 ●FAX/8−4822


温泉館目次へ   トップページへ
温泉館目次へ  トップページへ