【湯田温泉】

平成11年4月入湯

山口市にある湯田温泉は山陽路にあり、湯量も豊富で古くから栄えた湯治場であったという。幕末の志士たちも、よく利用をしたらしい。しかし、近年は温泉情緒がなくなったなどで、訪れる人も減少をしているという。街中にあり近代化の進む中、昔ながらの温泉情緒がなくなったのは、しかたのないことだろう。だが、西の京と呼ばれている山口市には見所は沢山あり、ここ湯田は詩人・中原中也の生まれ育った処としても知られている(中原中也記念館有り)。また、種田山頭火ゆかりの地としても知られている。

湯の別当・野原

てるの勝手に五つ☆
周囲の景観
お湯の楽しさ ☆☆☆
お薦め度 ☆☆☆

内風呂

露天風呂

内風呂 露天風呂
湯田温泉では、外来入浴不可のホテル、旅館が多い。その中で、ここ「湯別当・野原」は外来入浴ができる。しかも、露天風呂付きである。街中の施設なので景観こそ望めないが、それでも自然の空気を肌に感じ、青空を眺めながら入湯できるのは気持ちのいいものだ。歴史と格式のある宿泊施設だが、外来入浴客にもにも応対が、とても良い。すぐ近くには、共同浴場的な「国民宿舎・子てる」という施設もある。

<データ>
●泉質・泉温/弱アルカリ単純泉・65〜70℃
          (無色透明、無味無臭)
●効能/神経痛、リウマチ、皮膚病、関節痛、疲労回復など
●風呂/内風呂、露天風呂
●外来入浴料/500円
●時間/13時〜19時
●宿泊料/10000円(1泊2食)〜
●交通/湯田温泉バス停から徒歩3分
●住所/山口市湯田温泉
●п^0839−22−0018


温泉館目次へ    トップページへ
温泉館目次へ  トップページへ