【温泉津温泉】

平成10年4月入湯
温泉津温泉は島根県の山陰海岸沿いの港町にあり、温泉は1400年以前より沸き出しているそうで、港は江戸時代には石見銀山の積出港として栄えたそうです。湯治、保養の温泉としても永い歴史があるそうで、現在では、港は寂れていますが湯治場としての風情はしっかりと残っています。温泉施設は旅館が10数軒、外湯が2軒有ります。食事は新鮮な魚介類を、また地酒なども味わうことができるようです。近くには「温泉津焼き物の里」があり、体験をすることもできるそうです。

<データ>
●JR山陰本線・温泉津駅から、徒歩10分〜15分ぐらい
問い合わせ/温泉津町観光協会
      (п^0855−65−2065)
●住所/島根県邇摩郡温泉津町温泉津

元湯・泉薬湯

てるの勝手に五つ☆
周囲の景観 ☆☆☆☆
お湯の楽しさ ☆☆☆☆
お薦め度 ☆☆☆☆☆
温泉津温泉では唯一、泉源100パーセントの天然温泉で、ボーリングなどの動力を使わずに自然の力で地底から時間をかけてじっくりと湧き出ているそうです。泉温はかなり熱めです。常連さんのお話では、朝一番のお湯がお薦めだそうです。飲泉もできます。

<データ>
●泉質/含土類食塩泉
 (特にアルカリ金属を多量に含んだ食塩泉)
 (源泉状態/無色透明、錆味、無臭)
 (浴槽状態/淡茶褐色、錆味、無臭)
●源泉温度/49.4℃ ●浴槽温度/44℃〜46℃、40℃〜42℃の2漕
●効能/神経痛、リウマチ、糖尿病、ムチウチ症、高血圧、不妊症、機能回復など

●飲泉効能/慢性胃腸障害、常習便秘、糖尿病、放射能による障害
●入浴料/大人160円、子供130円
●時間/5時〜21時
●宿泊は直営旅館「長命館」
  宿泊料/8000円〜10000円
●休憩料/3000円(1室3人)
●料理/1000円〜5000円
●п^0855−65−2052

藤乃湯

てるの勝手に五つ☆
周囲の景観 ☆☆☆☆
お湯の楽しさ ☆☆☆☆
お薦め度 ☆☆☆☆

藤乃湯浴場

明治5年の浜田地震の時、湧き出した振湯。泉温は程良い温度に調整しています。

<データ>
●泉質/含土類食塩泉
 (特にアルカリ金属を多量に含んだ食塩泉)
 (源泉状態/無色透明、錆味、無臭)
 (浴槽状態/淡茶褐色、錆味、無臭)
●泉温/程良い温度(半沸かし湯)
●効能/神経痛、リウマチ、糖尿病、ムチウチ症、高血圧、不妊症、機能回復など
●入浴料/大人160円、子供/130円
●時間/5時〜21時
●п^0855−65−4126
地震で湧き出したということで、お湯の噴き出し口がナマズの形をしています。

JR温泉津駅

温泉街風景


温泉館目次へ   トップページへ
温泉館目次へ  トップページへ